サロンカーなにわ

皆さんは、サロンカーなにわという車両を聞いたことはあるでしょうか?JR西日本が所有するジョイフルトレインの一種ですが、運転日が多くないためあまり知らないという方もいるそうです。今回はこの列車について紹介していきます。

車両紹介

編成

まずは編成から。以下の表では7両編成で走行する場合の編成となります。

1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車7号車最後部
スロフ14-703オロ14-706オロ14-707オロ14-708オロ14-709オロ14-710スロフ14-704スロフ14-704
展望スペース座席座席座席座席座席座席展望スペース

外装

濃い緑色と黄色の塗装。
中央あたりにある、丸いテールマークは変えることができます。
撮影時は、城崎温泉開湯1300年の団体列車として運転されていました。そのため、テールマークはその仕様になっています。

 側面の幕はサロンカーなにわと書かれているもの。このほかに、団体などの幕も入っている。

内装

客室

車内全体 座席は片方に寄せられています。また、現在は全車禁煙となっていますが、灰皿は残っています。

2号車から7号車の座席部分(7両編成時)は共通して横に3つ座席が並んでいる。

土足禁止の標識
スリッパ

 この車両の客室は、土足禁止なので、車内にあるスリッパに履き替えます。

また、この列車の7号車寄りにはステンドグラスがあります。

フリースペース

1号車(スロフ14-703)

1号車は1両フリースペースになっていて、カウンターや、4人向かい合わせのソファー、窓を背にして座るソファーがある。

7号車(スロフ14-704車端部)

一番後ろ(一番前)に設けられた展望スペース。ほぼ全面ガラス張りとなっているので、線路から空まで、流れる風景を十分に楽しめる。真ん中にテーブルがあり、物を置くことも可能。側面の窓を背に向けて座ることができるソファーがある。

サロンカーなにわに乗るには

 この車両は、主に団体列車や、貸し切り列車で乗ることができます。また、日本旅行などのツアーでも乗ることができます。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。