安佐海岸鉄道~DMVになる前の風景~

安佐海岸鉄道は、徳島県海陽町にある海部駅と、高知県東洋町にある甲浦駅を結ぶ、わずか10キロのとても短い第三セクター路線でした。現在、JR牟岐線の海部~阿波海南を受け継ぎ、DMVを走らせるための工事が行われています。2020年6月、実際に安佐海岸鉄道に乗ってきました。その時に撮影した写真を載せていきます。

路線

末端駅だった甲浦駅、伊勢海老の駅長で有名な宍喰駅、JR牟岐線との接続駅であった海部駅の3駅だけでした。現在は、JR牟岐線の海部~阿波海南を受け継ぎ、4駅になっています。

甲浦駅の駅舎 撮影日は駅舎のあたりで工事をしていました。

唯一の途中駅であった宍喰駅です。

ところどころ海を見ることができます。

海部駅では、このようにJRと安佐海岸鉄道の車両が並んでいました。(構内踏切から撮影しています。)

車両

この車両は、安佐海岸鉄道が開業した時から走ったいました。この車内の装飾は季節ごとで変わりました。この車両のほかに、高千穂から移ってきた車両が一両あります。

現在、安佐海岸鉄道、JR牟岐線(牟岐~阿波海南)は鉄道と道路をどちらも走ることができるDMV車両を導入するために工事をしています。車窓は変化しない(はず)ですが、これらの風景はもう見ることはかなわないでしょう。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。