JR日光線の観光列車いろは

日光へ鉄道で行くとき、JRと東武鉄道がありますが、どちらを使っていますか?東武鉄道だと、東京都内から列車で一本ですが、JRだと宇都宮で乗り換えが必要になります。こう見ると東武鉄道を使ったほうがいいようにも思えますが、JR日光線には、少し変わった列車があります。それが今回紹介するいろはです。

列車の概要

JR日光線の普通列車として走っています。青春18きっぷでも乗車することができます。運用はホームページで確認することができます。

外装

通常の車両とは違い、前面にはヘッドマークが付けられ、側面には装飾がされています。この車両は、205系という車両を使っています。この205系には4つドアがありましたが、そのうちの二つは、写真のように埋められています。この列車は、電光掲示板では2ドアという表示がされます。

内装

内装も、かなり変わっています。通常の日光線の列車とは違い2人掛け、4人掛けのボックスシートがあります。さらに、荷物を置くスペースも付けられました。さらに、座席のモケットも変えられました。ボックスシートの部分は一段高くなっています。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。