キハ66,キハ67

本日2021年6月30日、ある車両が引退します。それがキハ66とキハ67です。

車両の概要

まだ新しい長崎駅の留置線で休んでいるキハ66とキハ67。シーサイドライナーの塗装のほか、国鉄急行の塗装も存在した。

山陽新幹線が、博多まで開業した1975年ごろ、筑邦、北九州地区の新幹線連絡輸送を目的として開発されました。製造当時では珍しい、転換クロスシートが採用され、冷房装置も付けられた。近郊型として分類されることもあるが、性能は急行用気動車以上であった。実際にも、1980年までは、急行列車にも使われた。このような、高性能の車両であったが、車両が重すぎることと、国鉄(現JR)の財政が圧迫していたことから、30両しか製造されなかった。1976年には鉄道友の会ローレル賞を受賞している。

 引退直前までは、長崎本線(長崎~諫早)、大村線、佐世保線(早岐~佐世保)で普通列車、快速列車(快速シーサイドライナー)として走っていた。

車両の紹介

諫早駅で並ぶキハ66,67と新型車両YC1系もうこの光景も過去のものとなる

内装

転換クロスシートが並んでいるが、ドア付近はロングシートになっていた。

外装

国鉄急行色(2枚目)、シーサイドライナー色(1枚目)、ハウステンボス色(画像なし)がありました。

最後に

小串郷駅を後にするキハ66,67

この車両は、2021年6月30日をもって定期運用から外れ、約47年の歴史に幕を下ろしました。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。